ジャグリングやら数学やらいろいろな出来事日記
ある人の強い勧めで作ってみたブログです。日々の出来事を書く!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、今日もジャグリングの練習はしたけどなんか1つ目標が達成できたってことなのかどこか物足りない気分でした(苦笑)。明日(ってか今日か)の東進のT大模試に受験という厳しい現実を突きつけられて、そんな余韻も泡のようにはじけて消えてしまうだろうからその前に最後のつもりで更新。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めてジャグリングを知ってからもう6年と11ヶ月、そして始めてから6年と10ヶ月になります。自分の小学校にたまたまパフォーマンスをしに、筑駒ジャグラーズの高校生が一人来てくれて。中国ゴマが青空の下、校舎より高く飛んでいったのを今でも憶えています。そのパフォーマンスのあと、ドキドキしながらその高校生に話しかけてそれは何って言う道具でどこでなんていえば買えるのかなんかを聞いて帰って、それでクリスマスプレゼントを1ヶ月早めてもらって新宿の東急ハンズに買いに行ったのを覚えています。その後続けるうちに他のディアボロも買ったりしたんだけど結局最初のに戻って、そのときのディアボロを今回の公演でも使いました笑。

始めた頃はこんなにのめり込んでこの巣園祭といい、いろんな人の前でパフォーマンスさせてもらうことになるなんて夢にも思わなかったのに約7年経ってみたらねぇ笑。もはやぼくのアイデンティティとすら化してるというこの状況(苦笑。

その7年間の間に小学校の頃偶然知り合った友だち(彼とは腐れ縁みたいだけど、一切学校、塾は被ってない)が筑駒ジャグラーズに入って、張り合ったりするうちに東大駒場のジャグリングサークルにもお邪魔するようになり、時は経って高2の11月には駒場祭にもそのサークルのひとりの演者として出させてもらったりも!

まあほかにも特にここ4年間のジャグリングの思い出なんて京都にジャグリング目的で一人で行ったりとかねぇ・・もう打つのに10時間あっても足りないんじゃないかと思うくらいあるわけでここには書かないけど(苦笑

えーっとまあそんなわけで今回の公演で「ジャグラー・ケン」は一区切りですが僕はジャグリングはやめません!こっから忙しくなるわけだけど、学校の昼休みに体育館でとかとにかくしぶとく、諦めずに続けます!まあもう今年は統合で無くなっちゃう通ってた小学校でやるかどうかで、少なくとも今このブログを見てる皆さんの前で演技することは無いんじゃないかと思いますが、また人前でやる機会があったらここで事前に告知しようかななんて思ってます。また何かの機会に会えることを願って!!




09巣園祭 ジャグラー・ケンFINAL エキストラ公演
スポンサーサイト

話したかった事2

今年パンフに載っている通常公演を見てくださった方に一つあれを作るうえでの裏話(裏ってほど裏じゃないけど苦笑)。
今までの公演では使っても洋楽までで、日本語の歌詞があるものはいくらリズムが良くてもやはり避けてきたんです。でもあの公演でわざわざJpopである「Ultra Soul」を使ったのはそれはまあここまでの流れでわかったとは思うんですがあまりに歌詞がすばらしかったんです!あの歌詞の一部に対する僕の共感を書きます。



「どれだけがんばりゃいい 誰かのためなの?
わかっているのに 思いは揺らぐ」

今まで毎日1時間から2時間練習をしてるんですけどやっぱり毎日毎日楽しいって事は無いんです。ジャグリング、特にトスジャグリング(ボール、クラブ)は毎日練習してれば確かに成長はするんです!でも、その成長は1次関数的(比例)ではなくて、更には大抵の受験勉強のように増加、そのまま増加(坂があって平坦な道があって坂みたいなものを想像してください)のように下がることはとりあえずないような物でもなくてもはや上がったり下がったりで全体としてはほんの少しずつ動くものの触れ幅の一番下は3年前の一番いい時期に一致するみたいなそんなとんでもないくらいある種デリケートだったりもして、そんな一番下の時期はやっぱり練習のときはどん底な気分になるんです。そんなとき「あ~なんで僕ジャグリングなんかやってんだろう」とかやっぱり考えちゃうんです。

「結末ばかりに気をとられ この瞬間を楽しめない メマイ」

パフォーマンスはどんなミスをしたってくよくよせずにその次の時間を大事にそして楽しんでもらえたら(楽しみたい)って。

「己の限界 気づいたつもりかい
かすり傷さえも 無いまま終わりそう」

この部分はジャグラーが見ればわかってもらえるんだけど出来る限り僕はこれまで4年間本気で全力でやって自分の限界の技までできる限りやったと思うんです。こんかいの9ボールとか。

「祝福がほしいのなら 底なしのペイン 迎えてあげましょう
そして戦うウルトラソウル」
祝福→拍手(=楽しんでもらう)
底なしのペイン→毎日3、4時間の練習。どうしてもやはり簡単には上手く行かないから焦燥に駆られながらいつも特に直前一週間練習してるんです・・今回だって同級生に何度「今年代わりに出ない?」って半分冗談ながらそんな弱音を直前一週間に吐いたことか・・。

「希望と失望に遊ばれて 鍛え抜かれる Do it Do it Do it Do it」
直前練習は絶望して(≒失望かな?)、パフォーマンスをして希望をもらいなんとか場数を踏んできました!

「祝福がほしいのなら 歓びを知り パーっとばらまけ」
祝福→上記
歓び→拍手をもらったときって嬉しくてさ。

まあそんな風にこれを聞いたときもうびっくりしてこれは絶対使えたらなって思って(苦笑)
見苦しい文章すみません。

こんな事思ってたんだ~程度にでも頭の片隅に置きながら、動画を見てみてください!笑

09文化祭ジャグラー・ケン FINAL 2日目2回目の公演です。




ボールの演技です!



クラブとエンディング





最後にまあどうでもいい裏話(笑)をもう一つ
続きを読む

話したかった事

9月20日日曜日の最終公演でいろんな方にお礼を言わせていただいたんですが、あまりに気がやはりステージの上と言うことで動転してしまって、言っておけばよかったなって思ってたことがあってそれを書いてみようと思います。

公演の中で観客の皆さん、音響スタッフ、担任への感謝の気落ちを述べさせてもらったんですが、もう一人とても大切な方への感謝の気持ちを。それは校長先生なんです!

それはとても昔のことなんですが、中学2年生の時、二つ上の学年のジャグリングの展示をお手伝いする都合で、文化祭の最中に泉の前(生徒会室の前つまり体育館と北校舎の間です)で中国ゴマの練習をしてたんです。その時偶然通りかかって声をかけてくださったのが校長先生(副校長先生)。校長先生が興味を示してくださり、文化祭を統括している先生たちに頼んでそのときは僕も下手で大したことが出来ずに終わっちゃったんですが、5分間くらいだけながらあの生々ステージで中国ゴマのパフォーマンスをさせてくださったんです!観客は同級生くらいだったかと思うんですが、あれが”ジャグラー・ケン、It‘s showtime”の始まりだったんです。

それから時はたって中3の1学期の7月上旬、期末試験が終わり、放課後ジャグリングのショーを今年はちゃんとやってみようと決意して生徒会室に行ってみたんです。入る時とかにとてもドキドキしたんじゃないかな今でもそのときの生徒会長から「副校長先生(今の校長先生)が今年はジャグラーの子はでないのかな?みたいに話してたから、本当は文化祭の出展の締め切りは1ヶ月以上前だけど大丈夫」と言って出展の申請用紙、パンフレットの文の申請用紙なんかを今日中に書いてといって渡してくれたのを憶えてます。喜んで教室に帰って友だちたちに話して、一緒に考えてもらったりして結局「It`s showtime」と言うショーをジャグラー・ケンというパフォーマー名でやることになって、たった50文字の申請文に悪戦苦闘したり・・・笑

ここまで読んでくれたら校長先生への感謝の理由わかっていただけたんじゃないかと思います。

ありがとうございました!

文化祭見てくださった方がこっちも見てくれてるのかな?だったらそれだけ楽しんでもらえたって事なんだろうから本当に嬉しいです。
今回の文化祭のことで書きたいことがいろいろあるからそれをなるたけ更新します。少し(2,3日?それとも今日中に書いちゃうかな?笑)待っててください!

ジャグリングのほうは。

半分から7割くらいそれが生きがいみたいな生活をしていて、毎日最近は1時間ボールだけながら練習しているので、正直殆んど成長しない段階に来ているものの、少しは上手くなってます!ボールはね苦笑

ということで、今年の注目はボールですよ~~~、どうなるかはまだわかんないからまだいえないけど、日本でまだたぶん世界大会でも(たぶん)かなり珍しい●個のボールをやるかもしれません!

●の中身は絶対やるって確定した時に書きます!

プロフィール

ジャグラー・ケン

Author:ジャグラー・ケン
ジャグリング好きのジャグラーの日記

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。